ビビりな私の唯一のツーリングの思い出

ビッグスクーターに8年も乗っていて遠出したのは大阪から京都の宇治川ラインを通っての琵琶湖への旅だけ!
私の唯一のツーリングの思い出です。

学生時代、毎日通学やバイト先へのツーリングでビッグスクーターに乗っていました。
女性がビッグスクーターに乗るという姿にあこがれて免許とバイクを取得したものの、方向音痴でビビりな私は日々の交通手段としてしかバイクを利用できませんでした。

行ったことのないエリアにバイクで挑むと必ず迷子になるし、その当時はスマホなんて便利なものもなかったので、初めての道は誰かに先導してもらってしか走れないし、速度もそんなに出せないほど私はビビりなので、他のバイク乗りの方たちからしたら何が楽しいんだと突っ込まれそうですが、それでも私はバイクを運転するという行為が純粋に好きでした。

しかし、バイト先の先輩にバイクに乗る人がいて、その人に先導されながら初めてツーリングに行くことになりました。
大阪府民が琵琶湖へツーリングというのは定番中の定番ですが、初めての遠出にすごくワクワクしていました。
宇治川ラインはカーブが多くて、私は何度も現れる急カーブにびくびくしながら運転していました。
周りのバイク乗りたちに何度も追い越されながらも私は全然スピードを出せず、先輩も私を気にしながらかなりゆっくりで走ってくれていました。

大抵1時間半もあればたどり着ける道のりに休憩を挟んだり寄り道したりして4時間くらいかけて到着しました。
琵琶湖に着くころには夕方になっていて、冬だし寒いしで琵琶湖へ小石を投げ、跳ねさせて遊んだくらいでそのままとんぼ返りしました。

帰りは行きよりも運転に慣れていたので2時間くらいで帰れました。
あの時は先輩の後ろを必死で追いかけていただけですが、大好きなバイクに1日またがっていた唯一の思い出なので今でも鮮明に覚えています。