イヤホンで音楽を聴きながら走ることの危険性

スクーターに限らず、バイクで走りながらイヤホンで音楽やラジオを楽しむ人を見かけますよね。でも、よく考えると大音量で音楽を聴いていたら周りの音や警笛が聞こえず、それが原因で事故になったりしないか心配になります。

実際に地域によっては「周りの音が聞こえない状態」と限定しつつ、イヤホンを使っての走行を違反の対象としているところもあります。ただ、周りの音が聞こえるかどうかの線引きは運転する者の判断ですし、イヤホンを使っているからと言ってすぐ警官に停止を求められるわけでもありません。同じようなことはクルマのオーディオにも当てはめられますね。

私も通勤中にイヤホンで音楽を聴きながらスクーターで走行することがありますが、
音量にはかなり気を使っています。目安としては自分のスクーターのアイドリングの音が聞こえる程度。それ以上になると周囲の音がかき消されるとので危険だと思います。

しかし、時々ラジオなどで音量を上げて聞きたいときがあります。
そんなときは片方の耳だけイヤホンを使って、もう片方は外して周囲の音が聞こえるようにして走ってます。

最近はスクーターでもスマホのカーナビを使って走行する機会が増えるなど、
走行に集中できない環境が増えつつあります。
注意力の低下は事故につながる危険があるので、くれぐれもご注意ください。