2ストと4スト、それぞれのエンジンの特徴

スクーターのエンジンには2ストローク(2スト)と、
4ストローク(4スト)の二種類に分かれます。
とはいえ外観は同じなので見た目で見分けるのは難しいのですが、
走っているバイクの音を聞いていると何となく区別がつきます。
高い音で「バリバリ…」という感じの音が2スト、
低音で「フォーン…」という感じの音が4ストといった感じでしょうか。
この二種類のエンジンにはそれぞれ違いがあります。

【2ストと4ストの違い】
・同じ排気量で比べると2ストの方がパワーがある。
・同じ排気量で比べると4ストの方が低燃費でエコ。
・4ストの方が排気ガスがクリーン(なので最近はこっちが主流)
・2ストは構造がシンプルなので制作コストが安く済む。

●2ストロークエンジンの特徴
2ストはその名のごとく、
燃料の燃焼を「吸気・圧縮」と「爆発・排気」の2工程で行う。
シンプルな工程ゆえにパワーロスが少なく、
同じ排気量では4ストよりエンジンパワーが出しやすいのがメリット。
ただし最近は排ガス規制の基準が厳しくなり、
2ストエンジンで基準を満たすのは難しくなってきている。

●4ストロークエンジンの特徴
吸気・圧縮・爆発・排気をそれぞれ別に行い、
4つの工程で1サイクルになる仕組みになっているのが特徴。
燃焼効率が良いことから2ストよりも燃費がよく、
排ガスがクリーンなので今の時代に合っている。

●2ストと4スト、選ぶならどっち?

今や現行型のスクーターは殆どが4ストを採用しており、
2ストのバイクはどんどん減少しているのが実情。
とはいえ一昔前のスクーターを中古で買うという場合には、
「どっちがいいのかな?」と迷うシーンも出てくるだろう。
どちらを選ぶかは好みの問題ではあるのだが、
こだわりがなければ燃費がいい4ストを選ぶのがベスト。
2ストに比べてエンジンオイルを交換する手間はあるものの、
排ガスや騒音の問題を考えるとこちらを選ぶのが無難。