体の外と中から対策!妊娠中のニキビケア

妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れやすく、その影響でニキビができやすくなります。
皮脂が過剰に分泌されてしまったり、肌が敏感になったりして、ニキビが増えやすいです。

そんな妊娠中のニキビケアで一番重要なのは、低刺激な化粧品を使ってベーシックなスキンケアを充実させることです。
敏感肌用やオーガニックな化粧品にまずは変えてみて、シンプルなケアを心がけましょう。
特に妊娠初期は体がなれなくてつわりもありますし、体を大事にしたい時期です。
体調が安定してくる中期から後期はお腹がどんどん大きくなりますから、毎日の負担にならないケアが重要です。
肌荒れさせないことを一番に考えて、低刺激な化粧品で基本のスキンケアを充実させるのが大事ですね。

スキンケア以上に大事なのが食事や睡眠などの生活習慣の乱れです。
お腹の中の赤ちゃんのためにもしっかりと栄養バランスの整った食事を取って、睡眠不足にならないようにしましょう。
こうした生活習慣を整えることが、ホルモンバランスを正常に保つのにも役立ってくれます。
食事は体や元気な赤ちゃんにも重要ですが、肌の回復力や免疫力を高める源にもなります。
しっかり睡眠を取れば体も赤ちゃんにもいいだけでなく、肌の機能もしっかり働くようになりニキビケアにも役立ってくれます。