月別アーカイブ: 2018年11月

体の外と中から対策!妊娠中のニキビケア

妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れやすく、その影響でニキビができやすくなります。
皮脂が過剰に分泌されてしまったり、肌が敏感になったりして、ニキビが増えやすいです。

そんな妊娠中のニキビケアで一番重要なのは、低刺激な化粧品を使ってベーシックなスキンケアを充実させることです。
敏感肌用やオーガニックな化粧品にまずは変えてみて、シンプルなケアを心がけましょう。
特に妊娠初期は体がなれなくてつわりもありますし、体を大事にしたい時期です。
体調が安定してくる中期から後期はお腹がどんどん大きくなりますから、毎日の負担にならないケアが重要です。
肌荒れさせないことを一番に考えて、低刺激な化粧品で基本のスキンケアを充実させるのが大事ですね。

スキンケア以上に大事なのが食事や睡眠などの生活習慣の乱れです。
お腹の中の赤ちゃんのためにもしっかりと栄養バランスの整った食事を取って、睡眠不足にならないようにしましょう。
こうした生活習慣を整えることが、ホルモンバランスを正常に保つのにも役立ってくれます。
食事は体や元気な赤ちゃんにも重要ですが、肌の回復力や免疫力を高める源にもなります。
しっかり睡眠を取れば体も赤ちゃんにもいいだけでなく、肌の機能もしっかり働くようになりニキビケアにも役立ってくれます。

鼻ニキビを防ぐための日常生活

鼻は毛穴が大きく、深いのが特徴です。それによりニキビの原因である皮脂が分泌されやすい場所になっているので、ファストフードや、脂っこい食事は控えるようにしましょう。糖質や脂質の多い食事は控えて、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどを積極的に摂取するのがおススメです。肌の代謝を促す、野菜やフルーツ、魚などが鼻ニキビ対策に効果的になっています。鼻にできるニキビは、皮脂の分泌量が多いことで、大きめで痛いニキビができやすくなっています。それにより気になって何度も触ってしまう人もいるのではないでしょうか。手には雑菌が付いているので、手で頻繁に触ったり、爪で引っかいたり、潰したりしないようにしましょう。菌により、ニキビが悪化してし
まう可能性があります。

そして、洗顔の時に注意したいのが、ゴシゴシと力強く洗わないことです。洗顔料を泡立てて、優しく洗いましょう。肌が乾燥すると、皮脂が分泌されやすくなるので、肌の乾燥を防ぐために、洗顔後は保温クリームや乳液をつけましょう。また、睡眠不足やストレスはホルモンバランスを崩し、皮脂の分泌を促しますので、たっぷりと睡眠をとり、ストレスフリーな生活を心がける必要があります。他には、血行が悪いと、ターンオーバーが遅れてニキビができやすくなりますし、再発しやすくなるでしょう。ジョギングやサイクリングなど、適度な運動を心がけましょう。ニキビ対策になり、ストレス発散することもできます。

繰り返す顎ニキビの撃退法

顎のニキビってしつこいものや、目立つものが多いですよね。私も、繰り返す顎ニキビに沢山なやまされてきました。今回は私が顎ニキビを撃退した方法をお教えします。

顎ニキビが気になって触ってしまっていませんか?顎に限らず、ニキビを触ってしまうのは、雑菌をつけているようなもので、絶対に良くないのでやめてください。顎を手にのせて肘を付くのが癖な人も、要注意ですよ。私は、それが癖だったので自然とニキビを触ってしまっているのと同じだったので、なかなか良くならず、増えていく一方でした。
スキンケア方法ですが、私の場合は保湿のし過ぎが良くなかったみたいです。化粧水や乳液をたっぷり付けていたのですが、乳液をやめて、化粧水だけを薄っすら付けるような気持ちでスキンケアをするようにしてみてから、顎ニキビが劇的に減りました。顎は皮脂の分泌が多い部分でもあるので、そんなに保湿する必要がなかったのかもしれません。

私は、以上の方法のみで繰り返す顎ニキビを無くすことができ、今では顎ニキビがゼロになりました。個人差があるので、誰しもに当てはまる訳ではありませんが、顎ニキビに悩まれている方は、特別なことではなく、簡単に始められるので、試してみるといいかもしれません。