スクーター型バイクの魅力

バイクにも色々と種類があるけれど、
その中でもカッコよさと実用性を兼ねそろえたバイクがスクーター。
オートマチックなので誰が乗っても扱いやすく、
毎日の通勤から休日の遠出までこなせるスグレモノ。
「スクーターなんて男が乗るバイクじゃない」
という声もよく耳にしますが、
一度じっくりスクーターに乗ってみれば良さがわかる筈。
ここではそんなスクーターの魅力について紹介していきます。

スクーターがオススメな理由

普段クルマにしか乗らない人からすれば、
「バイクは冬寒いし、夏は暑い。いいことなんてあるの?」
というのが正直な意見だろう。
しかしクルマを維持するために支払っている費用や、
お出かけ先でのパーキング費用などを考えると結構な金額になる。

そこでクルマを比べるとバイクの燃費と維持費の安さに気づく。
仮に125ccまでの小型スクーターでエコ走行を心掛けた場合、
リッターあたり約40km程度まで燃費を伸ばせるだろう。
クルマなら1000ccクラスで15km弱なので、
これだけでもガソリン代を節約できることになる。

さらに保険料や税金などの維持費を比べてみると、
どれをとってもクルマより格段にリーズナブル。
排気量にもよるが小型スクーターとの比較なら、
年間約25万円も維持費を削減できることになる。

50ccスクーターの場合
2891219
任意保険料約10000円
自動車税2000円
自賠責保険料7280円
車検費用不要
駐車場代約24000円
(月額2000円×12か月)
年間費用 4万3280円
クルマ(1000ccクラス)の場合
20150630_01_n
任意保険料約76000円
自動車税34500円
自賠責保険料16350円
車検費用約50000円
駐車場代約120000円
(月額10000円×12か月)
年間費用 29万6850円

スクーターは処分にも困らない

クルマを廃車にする場合は処分費用が掛かるケースが多い。
新車に乗換えるなら下取り0円で処理してもらえることもあるが、
廃車にするだけなら1万円から3万円程度の費用が発生する。
しかしスクーターなら廃車手続きが無料で行えるほか、
まだ走る状態なら買取り業者で数万円の値がつくこともある。
買取りは申し込めば自宅まで査定に来てくれるバイク王がおすすめ。
独自の買取りネットワークで他店には真似できない査定額が期待できる。
ネット申込み限定のキャンペーンなど、買取や査定がお得になる限定企画も頻繁に行われています。
詳細>>バイク買取ならバイク王

お金だけじゃなく時間も節約できる

通勤や休日のお出掛けにクルマを使うと渋滞にハマってしまい、
到着までの時間が思った以上にかかることも多い。
こんなときもスクーターなら路肩をスイスイ走れるし、
すり抜けや細い裏道への迂回も思いのまま。
クルマの渋滞を横目に軽快に走り去るスクーターを、
「うらやましい」と思った経験は誰しも一度はあるだろう。

趣味から生活の足までこなす万能バイク

バイクの乗り方は大きく分けて2種類あり、生活で使うのか趣味で乗るのかです。
そもそもスクーターは前者の生活用にピッタリの乗り物です。
簡単に言えば建物が密集した街乗りに適してます。面倒なギアチェンジもなくて小回りもききますしね。

中でもビックスクーターは、生活用でも趣味でも両方に適した乗り物です。
またスクーター特徴のATなので女性等、難しい運転は苦ってという人でも楽しめます。

ただ難点もあり両方に適してはいますが、中途半端な存在です。
街乗り用にしては車体が少し大きいかなと思いますし、ツーリングなど趣味で乗るにしてもギアチェンジがなく、コーナーは車体があまり倒せないので物足りない人もいると思います。さらに最近では若年層を中心に人気が広がっていることから、中古で買う場合に割高な印象があります。

最後にビックスクーターで欠かせない魅力といば、外装を自分好みに改造できる事です。
見せてなんぼのバイクなんで様々のパーツが売られています。
イケイケゴーゴーな感じや女性ならオールピンクも可愛いですよね。
色も形も様々なんでパーツカタログを見て「俺のバイクにこのパーツ合うかも」なんて考えるのも楽しみの一つですね。