カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ビビりな私の唯一のツーリングの思い出

ビッグスクーターに8年も乗っていて遠出したのは大阪から京都の宇治川ラインを通っての琵琶湖への旅だけ!
私の唯一のツーリングの思い出です。

学生時代、毎日通学やバイト先へのツーリングでビッグスクーターに乗っていました。
女性がビッグスクーターに乗るという姿にあこがれて免許とバイクを取得したものの、方向音痴でビビりな私は日々の交通手段としてしかバイクを利用できませんでした。

行ったことのないエリアにバイクで挑むと必ず迷子になるし、その当時はスマホなんて便利なものもなかったので、初めての道は誰かに先導してもらってしか走れないし、速度もそんなに出せないほど私はビビりなので、他のバイク乗りの方たちからしたら何が楽しいんだと突っ込まれそうですが、それでも私はバイクを運転するという行為が純粋に好きでした。

しかし、バイト先の先輩にバイクに乗る人がいて、その人に先導されながら初めてツーリングに行くことになりました。
大阪府民が琵琶湖へツーリングというのは定番中の定番ですが、初めての遠出にすごくワクワクしていました。
宇治川ラインはカーブが多くて、私は何度も現れる急カーブにびくびくしながら運転していました。
周りのバイク乗りたちに何度も追い越されながらも私は全然スピードを出せず、先輩も私を気にしながらかなりゆっくりで走ってくれていました。

大抵1時間半もあればたどり着ける道のりに休憩を挟んだり寄り道したりして4時間くらいかけて到着しました。
琵琶湖に着くころには夕方になっていて、冬だし寒いしで琵琶湖へ小石を投げ、跳ねさせて遊んだくらいでそのままとんぼ返りしました。

帰りは行きよりも運転に慣れていたので2時間くらいで帰れました。
あの時は先輩の後ろを必死で追いかけていただけですが、大好きなバイクに1日またがっていた唯一の思い出なので今でも鮮明に覚えています。

イヤホンで音楽を聴きながら走ることの危険性

スクーターに限らず、バイクで走りながらイヤホンで音楽やラジオを楽しむ人を見かけますよね。でも、よく考えると大音量で音楽を聴いていたら周りの音や警笛が聞こえず、それが原因で事故になったりしないか心配になります。

実際に地域によっては「周りの音が聞こえない状態」と限定しつつ、イヤホンを使っての走行を違反の対象としているところもあります。ただ、周りの音が聞こえるかどうかの線引きは運転する者の判断ですし、イヤホンを使っているからと言ってすぐ警官に停止を求められるわけでもありません。同じようなことはクルマのオーディオにも当てはめられますね。

私も通勤中にイヤホンで音楽を聴きながらスクーターで走行することがありますが、
音量にはかなり気を使っています。目安としては自分のスクーターのアイドリングの音が聞こえる程度。それ以上になると周囲の音がかき消されるとので危険だと思います。

しかし、時々ラジオなどで音量を上げて聞きたいときがあります。
そんなときは片方の耳だけイヤホンを使って、もう片方は外して周囲の音が聞こえるようにして走ってます。

最近はスクーターでもスマホのカーナビを使って走行する機会が増えるなど、
走行に集中できない環境が増えつつあります。
注意力の低下は事故につながる危険があるので、くれぐれもご注意ください。

スクーターから中型バイクへの乗換え

手軽に乗れて市街地でもキビキビ走れるのが魅力のスクーター。
しかし、乗っていくうちに「もっとパワーが欲しい」と思うこともあり、
スクーターから中型バイクに乗換える人も多いようです。

でもスクーターからバイクの乗換えるってどんな感じなのでしょう。
今回は実際にバイクへ乗換えた方の体験談を紹介します。

●はじめてのバイクで実感したパワーの差

私は生活する上で便利という理由でずっとスクーターに乗っていたのですが、
最近、少し大きいバイクにも乗ってみたいと思い、普通自動二輪免許を取得しました。

そして、ついにバイクも購入。
このゴールデンウィークを利用して、友人の家へバイクで行くことにしました。

友人の家と言っても、近所に住んでいる友人ではありません。
私は大阪在住なのですが、山を越えて、奈良に住む友人の家まで行くという、バイク初心者の私にとっては、ちょっとした冒険ですね。

朝、家を出発し、県境である山道に向かってバイクを走らせます。
スクーターに乗っていた時は、本当に家の近所しか走らなかったので、それだけでもうドキドキしていました。
そして、うねうねと曲がりくねった山道を走ります。転倒しない程度に少しスピードを抑え、安全運転で山を登ります。

やはり、排気量の大きいバイクは力強さが違いますね。
スクーターしか乗ったことの無かった私にとっては、スイスイ山道を登るバイクに、軽いカルチャーショックを覚えました。

山道を抜けた後は、少し加速して広い道へと入ります。
バイクに乗るなら暖かい季節が良いと言いますが、気候もよくて、本当に心地よかったですね。

●短距離ならスクーター、長距離ならバイクが有利

スクーターからバイクに乗換えた人が共通して実感するのが「パワーの差」。
特に山道など坂の多い場所や、追い越しを掛けるときの加速感に差を感じるようです。

また、近距離ではスクーターの方が小回りが効いて乗りやすいのですが、
長距離となると上体が立った姿勢で運転するスクーターは疲れやすいのも事実。
この点についてもバイクの方が長距離移動でも疲れにくく快適なようです。

バイク王に査定を依頼する前の準備

不要になったバイクを自宅まで来て査定してくれるバイク王。
査定のプロであるバイク王のスタッフはとても手際よくチェックを行い、
チェックした結果をもとにスピーディに買取り金額を提示する。
査定に掛かる時間は通常でも30分程度なのだが、
少しでも早く済ませたいなら事前に必要なものを揃えておこう。

まず査定で必要になるのが車検証などの書類。
そのバイクがいつ車検を受けたのかを証明するだけでなく、
車両に関する様々な情報が記載されている重要な書類だ。
次に売ることが決まった場合には身分証明書と印鑑が必要。
身分証明書はパスポートなどでも構わないが、
運転免許証があればそれを使うのが手っ取り早い。

査定が行われる日にはバイクをキレイにするのも鉄則。
洗車までする必要はないと思うが、
汚れが目立つ部分があればキレイにしておくと印象がよくなる。
パーツを社外部品に交換している場合は純正パーツも用意し、
スタップにどのパーツを交換しているか伝えるようにしよう。

参考:http://www.ecal2007.org/bike05.html